お問い合わせ

[解析事例] 異なる車載ハーネス経路に対するラジオノイズ比較(Hybrid)

ソルバー
EM
解析対象
ケーブル・ハーネス

ラジオノイズを低減するためのワイヤーハーネス経路を電磁界解析で分析

自動車のワイヤーハーネスから発生する電磁放射ノイズは、ラジオのアンテナに電圧を誘起し、「ザーザー」「キーキー」といった雑音を引き起こします。この雑音の強度は、ハーネスの経路によって大きく変わります。設計の初期段階でアンテナへの干渉が少ないハーネス経路をシミュレーションでめど付けすれば、ラジオノイズ対策を効率化することができます。
以下の例は、3通りのハーネスの経路に対して、ケーブルから出る放射ノイズによってラジオアンテナに誘起される電圧を計算し、比較したものです。この例では、アンテナとハーネスの併走距離が長いルート1の場合に、最もノイズが大きいことがわかります。

解析モデル全体図 解析モデル全体図

ケーブルルートの異なる3つのモデル ケーブルルートの異なる3つのモデル

ケーブルルートごとのアンテナ誘起電圧の比較 ケーブルルートごとのアンテナ誘起電圧の比較

事例一覧

解析事例

ページトップへ

  • ※EMC Studioの開発元は、EM Consulting and Software, EMCoS, Ltd.(本社:ジョージア)です。
  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ