お問い合わせ

[解析事例] 複雑な車載ガラスアンテナの特性(EM)

ソルバー
EM
解析対象
自動車 / アンテナ

車載ガラスアンテナの特性を、デフォッガや車体の影響まで考慮に入れて高精度に再現

情報通信技術を活用して自動車の利便性や安全性を向上させようとする取り組みが近年活発化しています。そして車に搭載されるアンテナの数や種類は増加の一途をたどっています。しかしアンテナを取り付けられるスペースには限りがあるため、ガラスの上に薄い金属箔を配してアンテナを構成することが頻繁に行われています。こうしたガラスアンテナの性能は、近接する別のアンテナ配線やガラスの材料特性に大きく左右されるため、ガラスの形と特性を考慮した解析が必要になります。
EMC Studioは、開発元が独自開発した「Layered Green Function」と呼ばれる計算技術を搭載しており、ガラスアンテナ特性の高精度な計算を可能としています。また、この手法ではガラスに数値計算上の未知変数を置かずに計算することができるため、ガラスの考慮に伴う計算時間の増加を大幅に抑えることができます。本機能は、完成車メーカー様、ガラスアンテナメーカー様に広く役立てて頂けるかと思います。
下の例は、複雑なFMラジオ用ガラスアンテナを実際の車体に乗せた状態で給電点のS11(つまりインピーダンス特性)を計算したもので、実際の車で測定した結果を非常によく再現していることがわかります。

図1. 解析モデル全体図とガラスアンテナの拡大図 図1. 解析モデル全体図とガラスアンテナの拡大図

図2. 解析結果と実測の比較 (実線:解析結果、三角マーク:実測結果) 図2. 解析結果と実測の比較
(実線:解析結果、三角マーク:実測結果)

事例一覧

解析事例

ページトップへ

  • ※EMC Studioの開発元は、EM Consulting and Software, EMCoS, Ltd.(本社:ジョージア)です。
  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ