お問い合わせ

[解析事例] フラクタルアンテナの特性(EM)

ソルバー
EM
解析対象
アンテナ

フラクタルアンテナの複雑な特性を算出

フラクタルとは、自己相似形とも呼ばれ、全体とその一部分が相似となるような形状の総称です。この形状をアンテナに応用したものがフラクタルアンテナで、体積を少なく抑えつつも、広帯域で共振する特徴を持っています。

下記の事例では、シェルピンスキガスケットと呼ばれる代表的なフラクタル形状のアンテナの近傍電磁界と遠方電磁界を計算しています。周波数変化に伴い、共振する箇所(下図で赤く表示)が遷移することを確認できます。また、フラクタルアンテナ特有の複雑な指向性を見ることが出来ます。


三角形の反復生成で作られるアンテナ形状 三角形の反復生成で作られるアンテナ形状

広帯域で繰り返し出現するバンド 広帯域で繰り返し出現するバンド

共振箇所の遷移を電界分布から確認 共振箇所の遷移を電界分布から確認

指向性のバルーン表示 指向性のバルーン表示

事例一覧

解析事例

ページトップへ

  • ※EMC Studioの開発元は、EM Consulting and Software, EMCoS, Ltd.(本社:ジョージア)です。
  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ