お問い合わせ

[その他] 流体モデルによるカルマン渦

LS-DYNAの流体機能のカルマン渦モデルの検証

円柱周りのカルマン渦問題を解析しました。
この解析によるカルマン渦の発生周期は理論値と一致することを確認しました。
3次元モデルにより一層のみを解析しています。
流体・構造連成解析機能を使用。円柱に取り付けられているシェル要素が渦と連成し、振動しています。

流体モデルによるカルマン渦

事例一覧 - その他 -

  • ※このサイトに掲載されている一部の車体モデルはNCAC/GWUの提供です。
  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ