お問い合わせ

Seminar & Event セミナー・イベント

トピックスセミナー

このセミナー・イベントは終了いたしました

Ansys LS-DYNA トピックスセミナー 第16回
材料モデルの高度化とパラメータ同定
〜 CAEと計測 〜
[協賛]島津テクノリサーチ様・フォトロン様

近年、材料の変形挙動だけでなく、破断を含めた高精度な予測がCAEに求められています。また、金属や樹脂・複合材料の破断ひずみは応力状態(応力三軸度やロードパラメータ)に強く依存することが知られており、Ansys LS-DYNAにも応力状態に依存した破壊クライテリアを設定できる高度な破壊モデルが実装されています。一方で、材料モデルの高度化に伴い、いかに高精度かつ効率的に材料パラメータを求めるかが課題となっています。

そこで、Ansys LS-DYNAトピックスセミナー第16回は、「材料モデルの高度化とパラメータ同定 〜 CAEと計測 〜」と題し、金属材料および樹脂・複合材料に適用されるAnsys LS-DYNAの材料モデルを解説するとともに、試験からパラメータを同定する手順、およびそのパラメータ同定に関するJSOLのソリューションを紹介します。さらに、材料パラメータ同定の際に重要になる計測技術に関して、その最新技術を島津テクノリサーチ様、フォトロン様より紹介していただきます。

この機会にぜひご参加ください。

お申し込み受付は終了しました。

開催概要

セミナー名称 Ansys LS-DYNA トピックスセミナー
第16回 材料モデルの高度化とパラメータ同定 〜 CAEと計測 〜
配信期間
※受付終了

2021/9/22 13:30(水)〜 9/30 17:00(木)
ご視聴回数に制限はありません。期間中は繰り返しご視聴頂けます。

開催形式

オンデマンドセミナー

※ビデオグ®を使用してオンライン上で開催いたします。

※お申し込み前にWebセミナー参加時の動画視聴テストをご確認ください。

対象者
  • ・Ansys LS-DYNAユーザー
  • ・材料モデルの高精度化に興味にある方
  • ・材料特性の計測に興味のある方
  • ・より高精度な衝突解析を行いたい方
定員 200名(同時接続100名まで)
※混雑時は少し時間をおいてアクセスをお願いします。
参加費用 無料 (事前申し込み制)
申込み締切 2021/9/16(木)17:00
※定員に達した場合、締切らせていただくことがございます
主催 株式会社JSOL
協賛
  • 株式会社島津テクノリサーチ
  • 株式会社フォトロン

プログラム

約20分
等方性樹脂/繊維強化樹脂材料の材料パラメータ同定手法のご紹介
株式会社JSOL 飯森 理人
近年自動車分野を中心に樹脂材料の活用が進んでおり、樹脂材料の変形特性・破断特性に対する高精度なCAE解析が期待されています。本講演では、等方性樹脂材料および短繊維/長繊維強化樹脂材料を対象に、高精度に衝突解析を行うために必要なAnsys LS-DYNAの材料モデルを解説します。また、材料カードのパラメータ同定のために必要となる材料試験を紹介し、弊社ソリューションのIMPETUS®/VALIMAT®を活用した材料同定手法について紹介します。
約20分
金属材料を対象とした材料パラメータ同定サービスのご紹介
株式会社JSOL 大浦 仁志
軽量化や衝突安全性向上のため高ハイテン材の適用が拡大しています。ハイテン材は、材料強度の増加に伴い延性が低くなるため、破断を含めた高精度な予測がCAEに求められています。一方で、いかに高精度かつ効率的に破断を含めた材料カードを構築するかが課題です。そこで、2021年度より、金属材料を対象にした材料試験から材料カード構築までを行うエンジニアリングサービスを開始しました。本講演では、本同定サービスの概要を紹介します。
約20分
異方性を持つ薄板材料の特性同定とAnsys LS-DYNA を用いた物性・破断モデル化
株式会社JSOL 齊藤 啓
JSOLでは、金属の材料特性同定サービスを、異方性降伏関数および損傷モデルを用いた破断モデリングへ拡張することを予定しています。落下・衝撃解析モデルへの適用を想定し、大ひずみ域の局所的な変形および破断判定を高精度化した材料モデリングを提供します。本講演では、異方性を有する薄板材料のための降伏関数とフィッティング方法およびAnsys LS-DYNA を用いた破断モデリングについて解説します。
約20分
CAEに役立つ試験とin situ X線CT試験のご紹介
株式会社島津テクノリサーチ 試験解析事業部 テクニカルスーパーバイザー 中山貴司 様
CAEに役立つ材料試験として主に画像相関法と、破壊・損傷のメカニズム解析に役立つ最新のin situ X線CT試験法について紹介します。
約20分
材料同定における高速度カメラの活用について
株式会社フォトロン システムソリューション事業本部 グループ長 桑原譲二 様
材料特性の同定においては、リアル(実験)とバーチャル(シミュレーション)の融合が一層重要になってきています。本公演では、材料同定分野においてリアル側にて現実世界を切り取る高速度カメラが、バーチャル(シミュレーション)との融合においてどのように活用されているかを解説します。

関連製品・サービス

お申し込み
(WEBフォーム)
  • ※ ご不明な点がございましたら、下記のセミナー事務局へお問い合わせください。

お申し込み

お申し込み受付は終了しました。

注意事項

  • ・定員となり次第、締め切りとさせていただきます。
  • ・同業他社及びその関係者の方は、お断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。
  • ・お申し込みの際にご入力いただいた情報は、本セミナーの運営、弊社および協賛各社からの情報提供以外には使用致しません。
  • ・プログラム内容、スケジュールは、やむを得ない事情で予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
  • ・お申し込みが2名に満たない場合、事前にご連絡の上、中止となる場合がございます。予めご了承ください。
  • ・準備の都合上、お申込みの取り消しはセミナー開催初日の5営業日前までにお願いいたします。
  • ・記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ

株式会社JSOL エンジニアリング事業本部
セミナー事務局

*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ