お問い合わせ

[解析事例] ブランク展開ライン予測

事例カテゴリ
  • 初期フェーズでの解析活用によるQCD向上

製品形状をもとに、数十秒の計算でブランク展開ラインを把握

JSTAMPでは、製品形状をもとに、数十秒の計算でブランク展開ラインを得ることができます。

製品形状だけですばやく計算できるため、プレス製品の材料歩留まり検討に有効です。

さらに、詳細なシミュレーションを行って予測精度を上げることにより、ブランク展開ライン検討において、実際の材料を用いた試行の回数を減らすことができます。

ブランク展開ライン解析事例 ブランク展開ライン解析事例

事例一覧

ページトップへ

  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ