お問い合わせ

Ansys nCode DesignLife の機能

豊富な解析オプションで幅広いニーズに対応

Ansys nCode DesignLife は、多機能で高性能なソルバーを有した疲労解析システムです。

強力な基本機能に加え、多様な疲労解析オプションを備えており、幅広い問題に適用できます。充実したソルバー機能はより多くの設計オプションの検討を可能にし、耐久性向上のための多くの知見をもたらします。

Ansys nCode DesignLife は、ニーズに応じた3つの製品パッケージをご用意しています。

【Ansys nCode DesignLife のパッケージ】
  • ・Pro:応力寿命法、ひずみ寿命法などの基本機能に対応。Ansys Mechanical UIのみ使用できます。
  • ・Premium:Proの機能に加え、き裂進展、安全率の評価、Dang Vanクライテリアに対応。Ansys nCode DesignLife UIが利用できます。
  • ・Enterprise:すべてのソルバー機能に対応し、振動疲労、溶接疲労、熱機械疲労などの疲労解析オプションが利用できます。

Ansys nCode DesignLife Pro

Ansys nCode DesignLife の中核をなす応力寿命法、ひずみ寿命法による疲労評価が可能です。Pro版では Ansys Mechanical のUIから Ansys nCode DesignLife の材料ライブラリやソルバー機能にアクセスします。

  • 応力寿命法
    応力寿命法
    主に高サイクル疲労に対して適用される手法で、弾性域内での繰り返し載荷現象の寿命を評価します。多様なS-N曲線の定義手法を備えており、平均応力や温度などの因子に対して複数の材料データのカーブの内挿もできます。
  • ひずみ寿命法
    ひずみ寿命法
    低サイクル疲労を中心に幅広い現象に適用される手法で、塑性域に達する大きな繰り返し荷重が生じる現象を評価します。標準的なひずみ寿命法ではBasquin則及びCoffin-Manson則を用いてひずみ振幅と繰り返し数の関係を定義して評価します。
  • 荷重定義
    荷重定義
    一定振幅、タイムステップ、時刻歴等の荷重定義方法に対応しています。

Ansys nCode DesignLife Premium

Pro版でもひずみ寿命法・応力寿命法による基本的な解析はできますが、Premium版では多軸への対応、応力勾配の考慮など、より複雑な荷重を定義できます。また、Ansys nCode DesignLife のUI、詳細な疲労解析設定などの付加的な機能や、き裂進展、安全率の評価、Dang Vanクライテリアなどの高度なソルバー機能も利用できます。

  • Ansys nCode DesignLife UI
    Ansys nCode DesignLife UI
    疲労解析のワークフローを可視化できます。直感的な操作で入出力の定義や各種機能の設定ができます。
  • バーチャルひずみゲージ、変位センサー
    バーチャルひずみゲージ、変位センサー
    試験とのコリレーションを容易にします。ゲージ及びセンサーは、ポストプロセスでグラフィカルにFEモデル上に配置できます。
  • 荷重定義
    荷重定義
    ランダム振動(PSD)、スウェプト・サイン信号などの荷重定義に対応します。振動データの入力、編集、可視化、分析に便利な振動マネージャー、信号処理機能が利用できます。
  • カスタム解析
    カスタム解析
    PythonまたはMATLABスクリプトを使用して、既存の解析機能を拡張できます。
  • き裂進展
    き裂進展
    破壊力学に基づく疲労き裂進展予測ができます。NASGRO、 Forman、Paris、Walker等各種き裂成長則を備えています。
  • 安全率の評価
    安全率の評価
    応力を基準にした安全率を評価できます。エンジンやパワートレインコンポーネントの設計では、重要な設計指標として広く利用されています。
  • Dang Van
    Dang Van
    Dang Van は、複雑な載荷条件における耐久性を予測するための多軸状態の疲労限界基準です。結果は安全率で評価されます。

Ansys nCode DesignLife Enterprise

Enterprise版では、すべての疲労解析オプションを利用できます。振動疲労、溶接部の疲労、熱機械疲労、接着ボンドの疲労など多様な疲労現象に対応しています。

  • 振動疲労
    振動疲労
    周波数領域での疲労評価を可能にします。風や波などのランダム荷重の解析では、時間領域の解析よりも効率的に評価できます。応力寿命法、ひずみ寿命法、シーム溶接、スポット溶接に適用できます。
  • シーム溶接の疲労
    シーム溶接の疲労
    FEモデル上のシーム溶接ラインを識別し、シーム溶接の疲労解析が簡単にセットアップできます。すみ肉、オーバーラップ、レーザー溶接などのシーム溶接継手をカバーします。
  • スポット溶接の疲労
    スポット溶接の疲労
    薄板のスポット溶接の疲労解析に対応しています。溶接のエッジ周辺の応力は断面力やモーメントを用いて計算されます。
  • 接着ボンドの疲労
    接着ボンドの疲労
    金属構造物の接着部の耐久性を評価できます。破壊力学に基づく手法で構造内のどのジョイントに最も深刻な荷重がかかっているか特定できます。
  • 熱機械疲労
    熱機械疲労
    有限要素解析の応力と温度を利用して高温による疲労とクリープを解析します。機械的な荷重も組み合わせ可能です。排気システムやマニフォールドなど、機械的、熱的に負荷がかかる部品の評価に適しています。

動作環境

Ansys nCode DesignLife プラットフォーム

OS
  • Windows
  • Windows 10 (Pro, Enterprise & Education)
  • Linux
  • ・Red Hat Enterprise Linux 7
  • ・Red Hat Enterprise Linux 8
  • ・SuSE Linux Enterprise Server & Desktop 12
  • ・SuSE Linux Enterprise Server & Desktop 15
  • ・CentOS 7
  • ・CentOS 8
  • ※ 詳細はお問い合わせください。

ページトップへ

*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ