お問い合わせ

Digimatの特長

Digimatの特長

マルチスケール材料モデリング
―ミクロ構造を反映したマクロ材料特性の予測―

Digimatは複合材料シミュレーションに特化したソフトウェアです。
複合材料を活用し製品に適用するには、複合材料物性の予測が鍵を握ります。Digimatでは複合材料のマトリクス、インクルージョンそれぞれの材料物性とミクロ構造の情報から複合材料の材料特性を予測します。
さらに、この予測された材料特性を用いて成形工程によって生じる材料特性の分布を考慮した構造解析を行うためのインターフェースをご用意しています。
Digimatは、新規材料の研究・開発や複合材料を用いた製品設計を支援いたします。

材料特性の予測

材料の組み合わせや配合パターンにより、複雑に変化する複合材料物性の予測を簡単に行うことができます。等価介在物法を用いた「Digimat-MF」と有限要素法を用いた「Digimat-FE」2つの機能をご用意しています。

どちらの手法もマトリクス、インクルージョンそれぞれ単体の材料物性とミクロ構造(インクルージョンの含有率、アスペクト比、配向)を基にしてマクロな材料物性を求めることができます。

等価介在物法(Digimat-MF) 等価介在物法(Digimat-MF)

有限要素法(Digimat-FE) 有限要素法(Digimat-FE)

成形プロセスを考慮した構造解析

強度・剛性の設計での構造解析の活用は一般的ですが、複合材料の場合はさらに成形工程の影響の考慮が必要です。Digimatでは射出成形、圧縮成形、賦形、積層造形に対応しています。これらの成形工程解析で求めた繊維配向などを引継ぎ、各要素ごとに異なる異方性材料特性を適用した構造解析を行います。

JSOLでは樹脂流動解析ソフトウェア(Moldex3D)と構造解析ソフトウェア(LS-DYNA)を取り扱っています。これらのソフトウェアを用いた樹脂複合材解析の提案および各ソフトの操作から解析結果評価までトータルでサポートします。是非お問い合わせください。

樹脂流動解析〜構造解析の連携解析 樹脂流動解析〜構造解析の連携解析

開発元

e-Xstreame-Xstream engineering社は、複合材料の非線形マルチスケールモデリングに特化したソフトウェア「Digimat」の開発およびコンサルティングサービスを提供し、材料と材料モデリングおよび数値シミュレーションにおいて幅広く深い専門知識を兼ね備えています。2003年に開発されたDigimatのユーザー拠点数は、現在、欧州、アジア、米国の400サイト以上に広がっています。Digimatは自動車、航空宇宙、コンシューマー、および産業向け製品メーカーなど多方面で利用される様々な材料(強化プラスチック、ゴム、高剛性金属およびハニカムサンドイッチパネル等)の開発に活用されています。

e-Xstream engineering

JSOLの強力サポート

JSOLでは製品を安心してご利用いただけるよう、使用方法に関するさまざまなサポートを提供しています。 詳細は、弊社お問い合わせ窓口よりお問い合わせください。

JSOLのサポートについて

ページトップへ

  • ※Digimatの開発元はe-Xstream engineering社です。http://www.e-xstream.com/
  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ