お問い合わせ

J-Compositesの特長

J-Compositesの特長

多種多様な複合材成形プロセスのシミュレーション活用を支援

さまざまな産業で軽量・高強度化のキーマテリアルとして開発が進められている繊維強化樹脂(FRP)は、繊維強化形態と樹脂の種類の組み合わせで工法が変わり、多種多様な成形工法が存在します。また、ハイサイクル化と低コスト化の両立に向けた成形プロセスの自動化に対応すべく、シミュレーションによる成形条件の事前検討が強く求めらています。

J-Compositesは汎用ソルバーLS-DYNAとの連携により、樹脂・複合材の複雑な成形プロセスおよびプロセスチェーンの解析を行うツール群です。プレスおよび樹脂流動による製造工程での開発期間・コスト削減の実現をサポートします。

J-Compositesとは

J-Compositesは、樹脂・複合材のプロセスおよびプロセスチェーン解析を支援するソフトウェアシリーズです。設計・開発に活用するため、煩雑なモデリングを効率良く解析することを念頭に開発されました。 汎用ソルバーLS-DYNAとの連携により、成形時の材料挙動を高精度に解析可能なモデルの自動セットアップ機能を用いて、開発期間・コストの削減に貢献します。

J-Compositesのラインナップ

J-Composites シリーズには、プレス成形解析のモデル作成ツールの「Form Modeler」、および、樹脂流動解析結果を構造解析用メッシュにマッピングする「Fiber Mapper」 があります。今後、多種多様な樹脂・複合材のプロセスおよびプロセスチェーン解析を支援するため、さらなるツールの開発を計画しています。

J-Compositesのラインナップ

プレス成形時の不具合を高精度に予測し、条件の事前検討を可能に

樹脂複合材プレス成形解析のモデル作成ツールForm Modelerは、物性試験結果の解析物性データへの自動変換や積層構成の製品モデルの自動作成などにより、複合材料設計における煩雑な作業の工数削減を可能にします。
また、汎用ソルバーLS-DYNAとの連携により、成形時の材料挙動を高精度に解析できます。LS-DYNAの解析結果に基づく、プレス成形時のしわなどの成形不良の事前予測によって、開発期間・コストの削減に貢献します。

Form Modeler機能詳細

解析モデルの自動セットアップによる作業効率化 解析モデルの自動セットアップによる作業効率化

JSOLのノウハウでプレス時のしわを正確に予測・評価 JSOLのノウハウでプレス時のしわを正確に予測・評価

プロセスの影響を考慮し、構造解析の精度を向上

成形工程で発生する現象(特に、繊維配向分布)は、製品の構造性能に大きく影響を及ぼします。不連続繊維強化樹脂材料を対象とした成形解析結果をLS-DYNAに引き継ぐためのマッピングツール「Fiber Mapper」を使用することで、それら成形プロセスの影響をLS-DYNAにより事前予測を可能にします。

Fiber Mapper機能詳細

LS-DYNAによるプロセス連携解析をアシスト LS-DYNAによるプロセス連携解析をアシスト

開発元

J-Compositesは株式会社JSOLの自社開発製品です。

JSOLの強力サポート

JSOLでは、安心してご活用いただくために、本製品の使用方法に関して、さまざまなサポートを提供しています。本製品に関しての詳細は、弊社お問い合わせ窓口までお問い合わせください。

JSOLのサポートについて

ページトップへ

  • ※このサイトに掲載されている一部の車体モデルはNCAC/GWUの提供です。
  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ