お問い合わせ

CalSysSmartの機能

CalSysSmartの機能

ビギナーからエキスパートエンジニアまで
幅広く活用できる

CalSysSmartは、各種材料実験結果の分析やパラメータ同定を行い、材料挙動を反映できるモデルを適切に選定できる解析用材料モデルデータを作成します。
ほぼ自動で材料パラメーターを同定できるため、ビギナーの方も簡単にご使用いただけます。一方で、実験データの取捨選択を含めた多様な分析など高度な機能も備えており、エキスパートの方にまで幅広く活用いただけるソフトウェアです。

ユニークな機能として、適用降伏関数ランキング機能があります。この機能を使うと、解析時に必要な計算コストを考慮したうえで、実験データの再現性を指標にした独自のランク付けが可能になります。
その他にも、ユーザーが選択した材料モデルに対応した材料カードを生成できます。この機能は プレス成形シミュレーションシステムJSTAMP(LS-DYNA)に対応しています。その他の対応ソフトウェアについてはお問い合わせ下さい。

主な機能

  • 各種降伏関数パラメータ同定と
    誤差表示
    von Mises、Hill 1948/1990、Logan-Hosford、Barlat(YLD) 1989、1991、2000-2D、2004の8種類の降伏関数に対応しています。複数の実験結果からパラメータを同定し、実験値との誤差などを比較検討できます。
  • 各種硬化則に対応
    CalSysSmartは、Swift、Voce、Hockett-Sherby、 Modified Voce、Modified Hockett-Sherbyの5種類の硬化則に対応しています。マスキング機能の利用により、ばらつきのある実験データの処理もスムーズです。
  • 降伏曲面の3次元表示
    3次元表示での、法線方向表示など可視化できます。
  • 材料DB搭載
    鋼板6種、アルミニウム合金板材15種の材料データがデータベースに登録されています。
  • 試験データ処理機能
    試験レビュー、異常値分類などをグラフを見ながらデータ処理できます。
  • 誤差値表示機能
    材料パラメータ同定後、各材料モデルと実験値との、加工硬化、降伏応力、r値などの誤差を表示します。

動作環境

OS
  • Windows 7 ※
  • Windows 10
  • ※ Microsoftサポート期間内

ページトップへ

  • ※CalSysSmartの開発元は、 EZModeling Pty Ltd です。
  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ