お問い合わせ

Ansys Twin Builder の機能

手軽で高精度なマルチフィジックス解析を実現

Ansys Twin Builderは、構造・機構・流体・熱・電気など、様々な物理現象を統合するマルチフィジックス解析が可能です。モデルライブラリが充実しており、手軽にモデル作成できます。FMI(Functional Mock-up Interface)やROM (Reduced Order Model)を介して、他のCAEソフトとの連成解析も可能です。

さらに、作成したモデルは、そのまま製品のデジタルツインとして活用し、製品保守・運用にも活用できます。Ansys Twin Builderで、製品開発・保守にかかるコストを削減してみませんか。

主な機能

  • 充実のモデルライブラリ
    充実のモデルライブラリ
    VHDL-AMS、SPICEなど、様々なモデリング言語に対応し、ライブラリも充実しています。ライブラリからモデル素子を読み込んで、つなぎ合わせるだけで手軽にモデルを作成できます。
  • FMUを介するCo-Simulation
    FMUを介するCo-Simulation
    Co-Simulationn(協調シミュレーション)で標準的に用いられるインタフェースFMIに対応しているため、FMI対応のCAEソフトとFMU(Functional Mock-up Unit)を介してCo-Simulationできます。
  • 様々なROM化機能
    様々なROM化機能
    ROM取り込みのほか、ROM作成機能があり、ROM作成からシステムモデル構築までの一連の作業を一気通貫に行えます。さらに、線形時不変系のためのLTI ROM機能、機械学習で非線形系のROMも作成するDynamic ROM機能など、用途に応じた様々なROM化機能を搭載しており、用途に応じて使い分けできます。

動作環境

Ansys Twin Builder プラットフォーム

OS
  • Windows
  • ・Windows10 64bit
  • ・Windows Server2016(HPC Pack2016 update2要)
  • ・Windows Server 2019(HPC Pack 2016はサポート外)
  • Linux
  • ・Linux 64bit(RedHat Enterprise 7 [7.6-7.9]
  • ・RedHat Enterprise 8 [8.1-8.3]
  • ・SuSE Linux Enterprise Server & Desktop 12 [SP4/SP5]
  • ・SuSE Linux Enterprise Server & Desktop 15 [SP1/SP2]
  • ・CentOS 7 [Community Enterprise OS 7.6-7.9]
  • ・CentOS 8[Community Enterprise OS 8.1-8.3]

ページトップへ

*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ