お問い合わせ

Ansys Twin Builder の特長

モデルベース開発(MBD)とデジタルツイン構築を強力にサポート

Ansys Twin Builder は、マルチフィジックス対応の汎用システム・シミュレータです。さまざまな物理現象をシステムモデルとして統合し、システム全体の挙動を解析し、設計要件への適合性評価をサポートします。

モノ作りにおいてV字開発は必須となりつつありますが、実機で行うと工数もコストも嵩んでしまいます。これを Ansys Twin Builder によるシミュレーションで実行することで、速やかに検証サイクルを回し、試作段階でのNGを削減できます。また、資源廃棄も削減でき、環境に優しい製品開発が可能となります。Ansys Twin Builderはスマートでエコロジーな製品開発を実現します。

Ansys Twin Builder の特長

スムーズな検証サイクルで開発工数を削減

Ansys Twin Builder は、構造・機構・流体・熱・電気など、複数の物理現象をまたがるマルチフィジックス解析が可能です。また、様々なモデリング言語に対応し、汎用性が高く、スムーズにシステムモデルを作成できます。このシステムモデルによる数値シミュレーションで要件適合性をチェック(V字の最上部の検証)することで、設計の手戻りを削減し、開発スピードを高速化します。

手早くモデル作成

VHDL-AMSによるEVの走行解析モデル VHDL-AMSによるEVの走行解析モデル

Ansys Twin Builder は、ModelicaやVHDL-AMSなどの標準的なモデリング言語に対応しており、汎用性が高いです。モデルのライブラリも充実しており、たとえば、図に示すEVの走行モデルは、VHDL-AMSのライブラリモデルをつなぎ合わせるだけで作成できます。ユーザーが手早くモデル作成するための利便性を追求した仕様となっています。 

ROMの作成から活用まで一気通貫で対応

モデルベース開発(MBD)のカギを握るのがROM(Reduced Order Model)です。これは有限要素解析や実測値などの膨大なデータから、本質的な挙動だけを抽出してデータを圧縮し、連成解析を高速化する技術です。ROMを活用することで、ライブラリモデルでは対応できない現象もカバーできます。Ansys Twin Builder には、ROMを作成する機能もあり、ROMの作成からシステムモデル構築までモデルベース開発の一連の流れに対応しています。

資源の廃棄を削減

Ansys Twin Builder は、PC上で高精度なシステム解析を実行できるため、実機での試作前に設計情報の不具合を見つけることができます。試作段階でのNGを削減することで、資源の廃棄を減らし、環境に優しい製品開発を実現します。

3D詳細解析とのCo-Simulationで高精度化

FMUを介するCo-Simulation FMUを介するCo-Simulation

非線形性が強い物理現象を高精度に計算するには、例えば Ansys LS-DYNA による有限要素解析などが必要です。Ansys Twin Builder は、このような3D詳細解析ソフトウェアとのCo-Simulation(協調シミュレーション)が可能です。高速な1Dシミュレーションと3D詳細解析を組み合わせることで、計算時間を抑えつつ、信頼性の高いシステムシミュレーションを実現します。

関連ページ:どんな動きも自在に制御!Ansys LS-DYNA×Ansys Twin Builder

最適化や制御設計にも対応

Ansys Twin Buillder によるシステム解析は、要求性能への適合性評価だけでなく、性能の最適化にも有用です。 システムモデルを構成するパラメータの感度分析により、目的関数の最大化あるいは最小化を実現します。また、制御回路を組むこともでき、性能が目標値に収まるような制御システムの設計にも活用できます。

開発元:ANSYS, Inc(米国)

ANSYS社はアメリカのペンシルベニア州カノンバースに本社を置き、1970年の設立以降、航空宇宙、自動車、機械、電機、電子、医療工学など幅広い分野のシミュレーションソフトウェアの開発・販売を行っています。
日本を含め世界各地に70を超える拠点を持つグローバル企業です。

ANSYS, Inc.ウェブサイト

JSOLの強力サポート

JSOLでは、安心してご活用いただくために、本製品の使用方法に関して、さまざまなサポートを提供しています。 本製品に関しての詳細は、弊社お問い合わせ窓口までお問い合わせください。

JSOLのサポートについて>>

ページトップへ

*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ