お問い合わせ

MatchID の特長

DIC分析のプラットフォーム

DIC分析のプラットフォーム

高精度な解析を行うためにも、不具合の評価を行うにも、物体の挙動を正確に測定することはとても重要です。DICがそれを可能にしており、その結果を表示・分析するMatchIDをお届けします。
MatchIDは、DICのデータ取得実験の操作・記録から、画像の表示・分析を行えます。またDICより得られる実験データと有限要素法の解析結果の比較や材料特性の分析を行い、その特性データを把握できます。

DICデータ視覚化とカスタマイズ:Result Viewer

DICデータ視覚化とカスタマイズ:Result Viewer

MatchIDは、変形の視覚化、性能の最適化、誤差の評価、モデルの検証など、様々なコンポーネントから構成されています。これにより、MatchIDは最も完成度が高く、最も多機能なシステムになっています。あなたのDIC実験をもう一つ上のステージへ導きます。

Result Viewerを使用して、取得したDICデータの視覚化や分析する中でカスタマイズが行えます。

有限要素解析と実験結果の比較:FE-VAL

有限要素解析と実験結果の比較:FE-VAL

有限要素法によるシミュレーションとDIC試験の結果を正しく評価することが新たな課題になっています。MatchIDはその課題を乗り越える為、FE-VALモジュールを開発しました。これによりシミュレーションと実験で定量的に比較が可能になります。

FE-VALを使用して、有限要素解析とDICの結果比較が行えます。

材料特性データの同定:VFM

材料特性データの同定:VFM

DICの結果をもとにVFM(Virtual Fields Method)を用いることで、材料の機械的特性を把握できます。この機能の活用により材料試験種類を減らしても、パラメータの取得が可能になります。またこれまで取得困難な特性値も、DIC実験と組み合わせて取得できるように、開発を進めています。

VFMを使用して、材料のパラメータ同定が行えます。

開発元 MatchID NV

MatchIDのキャッチフレーズは "Metrology beyond colors "で、将来のDICシステムとして、誤差評価、材料特定、モデル検証、モード解析などを統合した定量的な結果解釈を可能にし、システムの計測的側面に主眼を置いたシステムを提供しています。
2008年ベルギーのルーヴェン工科大学ゲント校で、オープンでホリスティックなDICプラットフォームの開発を開始したのが始まりです。それ以来、このアプリケーションは、世界中の200以上の学術機関によって実装され、実証されています。

開発元サイト

JSOLの強力サポート

安心してCAE製品をご活用いただけるよう、JSOLでは本製品の使用方法に関するさまざまなサポートを提供しています。 本製品に関しての詳細は、弊社お問い合わせ窓口までお問い合わせください。

JSOLのサポートについて>>
  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
  • ※株式会社JSOLは MatchIDの正規代理店です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ