お問い合わせ

Virfacの特長

Virfacの特長

現場における生産工程をPCの仮想環境に
再現する解析プラットフォーム

Virfacは、生産現場で取り扱うさまざまな加工・接合の影響を組み合わせて評価ができるソフトウェアです。製造現場でのさまざまな課題に対して解析による改善効果を生み出すサポートをします。

有限要素解析の専門的な知識を必要とせず、日本語の設定画面で簡単にモデルを作成できるため、解析選任者が不在の製造現場でも活用いただけます。

Virfacのコンセプト

Virfacは、素形材制作・接合/組立・仕上げ加工・熱処理という現場での生産工程を、ユーザーのコンピューター環境に再現することをコンセプトに開発された生産技術解析のプラットフォームです。

溶融溶接解析、摩擦攪拌接合(FSW)解析、金属積層造形(Additive Manufacturing)解析、機械加工解析、熱処理解析の5つの解析機能があります。

操作性に優れた日本語インターフェース

Virfacの特長は、日本語メニューとGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)によるわかりやすい操作画面です。海外製の解析ソフトウェアは英語メニューのみで操作がわかりづらいことが多いですが、Virfacは日本語対応しているうえ、現場の設計者向けに開発されたGUIを採用しており直観的な操作が可能です。

また、解析に必要なデータはCADファイルを利用できるため、設計データをそのまま使用いただけます。計算の目的に合わせたMeshの粗密も、Mesh自動生成機能で簡単に調整できます。
日本語メニューと操作性に優れた機能を備えたVirfacは、解析を専門としない現場の責任者や設計担当者にも扱いやすいシミュレーションソフトウェアです。解析選任者が不在の現場でも導入後すぐに活用いただけます。

操作性に優れた日本語インターフェース

開発元

Virfacの開発元であるGeonX社(ジオネックス社、ベルギー)は、Cenaero研究所での10年間にわたる研究開発の成果である熱粘弾塑性FEMソルバー MORFEO(Manufacturing ORiented Finite Element tOol)をVirfacに統合し、生産技術の課題に役立つソフトウェアへと昇華させました。欧州の航空・宇宙・自動車・軍事を中心に、多数の技術コンサルティング実績を持ち、高い精度と信頼性のあるプログラムを開発し続けています。

GeonX社 Webサイト

Virfac/Welding Megaで用いられている固有ひずみソルバーJWELDは大阪大学接合科学研究所の溶接変形解析ソルバーJWRIAN (ジュリアン)をベースに株式会社JSOL が開発したものです。

大阪大学接合研究所

JSOLの強力サポート

JSOLでは、安心してご活用いただくために、本製品の使用方法に関して、さまざまなサポートを提供しています。 本製品に関しての詳細は、弊社お問い合わせ窓口までお問い合わせください。

JSOLのサポートについて

ページトップへ

  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ