お問い合わせ

Moldex3Dに関するFAQ

Moldex3D導入に関する疑問にお答えいたします。

Moldex3Dの競合製品に対する優位性/特徴は?
  • ・Moldex3Dでは、特にメッシュ作成機能が優れており、様々なメッシュ要素を用いた精密なメッシュモデルの作成が容易です。その精密なメッシュモデルをベースに薄肉形状や偏肉形状のモデルに対しても精度の高い解析結果を提供します。
  • ・ランナーやゲートも3次元で計算し、ランナー/ゲート内部のせん断発熱や圧力損失の影響を正確に捕らえます。それにより多数個取りによるランナーバランスの解析が可能です。
  • ・Moldex3Dは有限体積法を用いており、1000万要素を超える大規模な計算も可能です。
  • ・Moldex3DはマルチCPUやPCクラスターを使用した並列計算をサポートし、フル3Dの解析結果を最小限の計算時間で提供します。
Moldex3Dプロダクト構成を教えて下さい。

Moldex3Dには、ユーザー様のニーズに合わせて下記の大きく3つのプロダクトをご用意しています。
何れもフル3Dでの解析が基本となります。

  • 1. 簡易版 : eDesign(ボクセル(直方体)メッシュタイプのみ)
  • 2. ミドルレンジ版 : Professional(ボクセル+BLM(境界層メッシュ))
  • 3. ハイエンド版 : Advanced(ボクセル+BLM+様々なメッシュ要素を用いたハイブリッドメッシュ)

シェル機能を用いたい場合はAdvancedのみが対応しています。

流動(充填)/保圧/冷却/変形までの一連の工程が標準パッケージです。
以下のような特殊成形解析機能に関するオプションもご用意しています。ご興味のある方は こちらからお問合せ ください。

  • 【主なオプション】
  • ・繊維配向の計算や繊維異方性を考慮した変形解析:Fiber
  • ・樹脂流動解析の結果を構造解析側へ引継ぐ:FEAインターフェース
  • ・射出圧縮成形(ICM)やガスアシスト成形
  • ・発泡成形解析等の特殊成形解析
  • など
Moldex3Dはどのようなオペレーティングシステムをサポートしていますか?
Moldex3D推奨マシンスペックは、こちらの 動作環境 をご確認ください。
Moldex3Dで読込めるファイル形式は何ですか?
IGESまたはSTEP、Parasolid形式等の中間ファイルに対応しています。その他、オプションとしてNX形式やCreo形式(*.prt)、CATIA形式(*.catpart)にも対応しています。
Moldex3D材料データベースで適切な材料グレードが見つからない場合、どのようなサポートが提供されますか?
以下のデータをお持ちの場合は、弊社にそのデータを送付いただくことで無償でMoldex3D用の材料データに変換いたします。
  • ・他社ソフトの材料データ
  • ・材料メーカーの材料データ
材料メーカーにも材料データがない場合は、Moldex3D開発元(台湾)で材料測定のサービスをさせていただくことも可能です。但しこの場合は有償となります。
Moldex3DはMIM(金属粉末射出成形)プロセスをシミュレートできますか?
Moldex3DはMIM成形における充填/保圧/冷却プロセスの挙動をシミュレートできます。 ただし、Moldex3DはMIMの脱脂および焼結プロセスはシミュレートできません。
  • ※Moldex3Dの開発元は CoreTech System Co., Ltd. です。
  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ