お問い合わせ

[解析事例] 単線・ツイストペア線のクロストーク(Hybrid)

ソルバー
Hybrid
解析対象
ケーブル・ハーネス

平行二線とツイストペア線のクロストークの違いを数値シミュレーションで分析

21世紀に入り、自動車の電子制御やIT化がますます盛んになっており、CANやFlexRayなどの車載LANが発達してきました。これに伴い、ワイヤーハーネスのクロストーク現象が問題となっています。
ここでは簡単なハーネスの近端クロストークを計算した例を示します。受け側のペア線をツイストさせた場合と、平行二線とした場合で比較を行っています。受け側をツイストさせる事で、クロストークを大きく低減できることがわかります。

3次元形状モデルとデバイス回路モデル 3次元形状モデルとデバイス回路モデル

ケーブルの構成 ケーブルの構成

近端クロストーク電圧の計算結果 近端クロストーク電圧の計算結果

事例一覧

解析事例

ページトップへ

  • ※EMC Studioの開発元は、EM Consulting and Software, EMCoS, Ltd.(本社:ジョージア)です。
  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ