お問い合わせ

[解析事例] 旅客機内のケーブルのクロストーク(Hybrid)

ソルバー
Hybrid
解析対象
航空機 / ケーブル・ハーネス

旅客機内のケーブルのクロストークを予測

一般に旅客機は巨大ですので、機内の伝送ケーブルは数十 [m] の長さのものもあります。このような長いケーブルが、併走する別のケーブルとクロストークすると、遠く離れた電子デバイスにもノイズを伝えてしまいます。これはデバイスの誤動作の原因となりうるものですので、シミュレーションを活用して、事前に対策を打つ必要があります。

EMC Studio の Hybrid は、複数のケーブルが併走する場合でも、それの高精度な等価回路表現を作成して、回路計算します。回路計算ですので、一般に計算は高速です。本事例では、長さ 30 [m] のシールドペア線の外部導体に、制御基板(Active ECU)の信号線からノイズが乗ったときの、終端のデバイス(DV_1)に誘起される電圧を解析しました。これにより、クロストークの問題を防ぐためのシールドの要否や束線のレイアウト検討などが可能となります。

クロストークモデルの等価回路図 クロストークモデルの等価回路図

デバイスに誘起される電圧スペクトラム デバイスに誘起される電圧スペクトラム

事例一覧

解析事例

ページトップへ

  • ※EMC Studioの開発元は、EM Consulting and Software, EMCoS, Ltd.(本社:ジョージア)です。
  • ※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-5859-6020 平日9:00〜17:30

※ お問い合わせページへアクセスできない場合

以下のアドレス宛にメールでお問い合わせください

cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ